刺激伝導系について

こんばんは。
私ハッカ油は現在、循環器疾患をメインとしている病棟で働いています。そのため、少しは心電図に理解があると思っております。
今日は心電図シリーズ第1弾として刺激伝導系について説明していきたいと思います。

病棟で仕事をする上で、心電図を見かけることは多くあると思います。しかし、よく分からないと思い敬遠している人も多いのではないでしょうか?

この心電図シリーズを通して、少しでも心電図を身近に感じることができれば幸いです。よろしくお願いします。

刺激伝導系とは

刺激伝導系の図を下に記しました。

%e5%bf%83%e8%87%93%e3%80%80%e5%88%ba%e6%bf%80%e4%bc%9d%e5%b0%8e%e7%b3%bb 刺激伝導系は心臓が拡張と収縮を繰り返して行うための電気刺激の通り道をいいます。
刺激伝導系の流れとして

洞結節→房室結節→ヒス束→右脚・左脚→プルキンエ線維の順番で電気刺激が流れることにより、心臓が1回収縮します。

房室結節とヒス側をあわせて房室接合部ともいいますね。

 

刺激伝導系の3つの特徴

刺激伝導系には3つの特徴がありますので、覚えておいて損はありません。

①刺激伝導系はどこからの指示がなくとも自動能を持っており、刺激を出し続けることができます。刺激伝導系のトップである洞結節の自動能は60~90回/分です。人の心拍数の正常値である60~90回/分はここが基になっている訳ですね。
そして、その自動能は房室結節・ヒス束と下位へいくほどペースが遅くなります。

②刺激伝導系には優劣があり、下位の部位は上位の部位に必ず従います。最も上位は洞結節、最も下位はプルキンエ線維です。

③心房と心室を通る刺激は一方通行で、房室結節→ヒス束という流れのみです。

以上が刺激伝導系についての説明となります。

 

刺激伝導系は心臓が正確に1回収縮するための非常に大切な通り道です。
どれかひとつにでも異常が起こると不整脈の原因となります。その異常が心電図上にあらわれるのですね。

本日はこのくらいで失礼します。

心電図シリーズ第2弾は正常心電図について説明したいと思います。
ありがとうございました。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です