ペースメーカーのフェラー①ペーシング不全

ペースメーカーを植込みしている患者に対して、モニター観察する場合どんなことに注目するでしょうか?
観察する項目は何点かあると思います。
しかし、一番大切なことはフェラーがないかということです。
フェラーとは、何らかの原因のあるペースメーカーの作動不全のことをいいます。
ペースメーカー不全と言われることもありますね。

ペースメーカーでのフェラーは
①ペーシング不全
②アンダーセンシング
③オーバーペーシング
があります。

ペースメーカーのフェラー③オーバーセンシング

2016.09.17

ペースメーカーのフェラー②アンダーセンシング

2016.09.17

それぞれについて説明していきたいと思います。
今回は①ペーシング不全です。

 

ペーシング不全とは

通常、ペースメーカーがペーシングの刺激を出すと、それに反応して心筋の収縮が起こります。

しかし、ペーシング不全ではその刺激が心筋へと伝わらず、ペーシング刺激に対して心房や心室が収縮しない状態です。

ペーシング不全の原因としては
・出力不足(元々の設定出力が低い、電池の寿命など)
・心筋へと固定しているリードが外れてる
・リードの断線
などがあげられます。

 

それでは、波形をみていきましょう。
%e5%bf%83%e9%9b%bb%e5%9b%b3%e3%80%80%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc
判断のポイントは
①ペーシングスパイクは出現しているが、それに続くQRS波が出現しない。
②心拍数が設定された数値以下になっている。

ペースメーカー不全を見たときの対応

ペースメーカー不全の危険度はです。
たまに1拍だけ抜けるようなペーシング不全ですと、自覚症状がなかったり、軽いめまい程度である場合が多くあります。

しかし、ペーシング不全が続いて起きる場合には、最悪の場合には意識消失することもあり非常に危険です。

ペースメーカー不全を発見した場合には、バイタル測定を行いすぐにDrへ報告してください。
その際に、ペースメーカー不全部分のモニター心電図波形や、12誘導心電図をとっているといいでしょう。

 

 

治療

・出力不足の場合はペースメーカーチェックで設定を変更します。

・電池の寿命の場合には入れ替えが必要となります。

・心筋へ固定しているリードの先端が外れている場合は、位置の調整を行うか、リード自体の入れ替えが必要となります。

・リードが断線している場合には、リード自体を新しいものへ入れ替えが必要です。

 

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
自分には、心電図を覚えられないと思っていませんか?

そんなことはありません!!
要点さえ分かってしまえば、意外と簡単に心電図をよめることが多いんですよ。

あなたの理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!



あなたは今の職場環境に不満はありませんか?

「ワークライフバランスが保てない」「働きたい診療科がない」など・・・。
どんなに頑張っても、変化がないと嘆いているよりも、もっと良い環境で自分を試してみませんか?

転職例①
月給40万円・年間休日120日・残業ほぼなし。

転職例②
月給41万円・賞与104万円・年間休日110日・残業少ない。

転職を考えているけれども、上手くできるか心配・・・。
そんなあなた!安心してください。
あなたの転職を全力でサポートしてくれる仕組みがあります。

転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

そのための一歩を踏み出してみましょう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です