心室性期外収縮(PVC)と上室性期外収縮(PAC)の違い-心電図を見分ける

以前、後輩看護師にPACとPVCの違いが分からないと言われたことがあります。

略語ではAとVが違うだけですし
上室性?心室性?
何が違うのでしょうか?

そんな感じで、確かに分かりにくいですよね。
今回は、そんなPACとPVCの違いについてです。

 

心臓の動きで考える違い

心電図を覚えるためには心電図の波形だけではなく、心臓の動きを考えることが非常に大切なのだと思います。

まずは、その心臓の動きの違いからです。
正常ですと
%e5%bf%83%e8%87%93%e3%80%80%e5%88%ba%e6%bf%80%e4%bc%9d%e5%b0%8e%e7%b3%bb
このような形で

洞結節

房室結節

ヒス束

右脚、左脚

プルキンエ線維

と刺激伝導系に沿って電気刺激が流れることによって心臓が収縮と拡張を繰り返しています。

では、PAC・PVCそれぞれの心臓の動きについて考えてみていきましょう。

ここで大前提として覚えておいて頂きたいことは
心房と心室の間の電気刺激の伝導は基本的には、刺激伝導系でしか起こらないと言うことです。

言い直すと、心房で発生した電気刺激は刺激伝導系を通さなければ心室へとは伝導しませんし
心室で発生した電気刺激は心房へとは伝導することは基本的にはありません。

WPW症候群などの場合には、束副伝導路が形成されており、この大前提が覆ってしまうことがあります。

 

まずはPACです。
上室性期外収縮といわれるPACは、上室、つまり心房で発生しています。

心房の洞結節以外の場所で発生してしまった電気刺激が、刺激伝導系の流れへと乗ることで心臓が収縮します。

心房での電気刺激は刺激伝導系を介さなければ、心室へとは伝導しませんので、必ず刺激伝導系を通して伝導します。

心房で刺激伝導系を通っているため左右の心室は同時に収縮し、心電図上のQRS波は、通常のものと同様の幅になります。

また、心房での刺激が発生しているためP波となって現れます。

 

続いてPVCです。
心室性期外収縮といわれるPVCは、その名の通り心室で発生しています。

心室で発生してしまった電気刺激が、右脚・左脚以下で刺激伝導系の流れに乗ることで心臓が収縮します。

心室で発生しているため、心房へと電気刺激が戻ることはありません。

右側か左側か、どちらかに発生した電気刺激は発生した側の方の脚へと最初に伝導した後に、送れて逆側の脚へと伝導します。

そのために、左右の心室は同時には収縮せず、バラバラに収縮してしまうのです。

バラバラに収縮しているため、左右の心室がそれぞれ収縮するごとに心電図へと反応が現れるためにPVCでのQRS波は幅が広くなってしまいます。

 

それぞれの心臓の動きについて、何となくでもイメージできたでしょうか?
続いては、心電図波形から違いを見ていきましょう。

 

 

心電図波形で見る違い

まずは、PACから。
%e5%bf%83%e9%9b%bb%e5%9b%b3%e3%80%80pac
続いて、PVCです。
%e5%bf%83%e9%9b%bb%e5%9b%b3%e3%80%80pvc
どうでしょうか?

通常のタイミングよりも早く出現することは同じですが

P波の有無やQRS波の幅の違いがありますね。

心臓の動きを考えながら、見比べてみてください。

似ているように見えていたものが、違うように見えてきませんか?

 

PAC・PVCをそれぞれ詳しく見たいあなたはこちらから
上室性期外収縮(PAC)
心室性期外収縮(PVC)

ちなみに、余談になるのですが、AF(心房細動)ではPACは起こりません。
正確に言うと、AFは1分間に350~500回という数のPACが心房全体で起こっているようなものなのです。

 

まとめ

心臓の動きを知っているといろんなことが繋がってきますよ。
ぜひ、心電図を勉強する際は、心臓の動きも一緒に考えてみてください!

PACは心房の期外収縮のため幅の狭いQRS波、PVCは心室の期外収縮なので幅の広いQRS波になります。
それだけでも覚えておくと、心電図波形を判断する材料になると思いますよ。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
自分には、心電図を覚えられないと思っていませんか?

そんなことはありません!!
要点さえ分かってしまえば、意外と簡単に心電図をよめることが多いんですよ。

あなたの理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!



あなたは今の職場環境に不満はありませんか?

「ワークライフバランスが保てない」「働きたい診療科がない」など・・・。
どんなに頑張っても、変化がないと嘆いているよりも、もっと良い環境で自分を試してみませんか?

転職例①
月給40万円・年間休日120日・残業ほぼなし。

転職例②
月給41万円・賞与104万円・年間休日110日・残業少ない。

転職を考えているけれども、上手くできるか心配・・・。
そんなあなた!安心してください。
あなたの転職を全力でサポートしてくれる仕組みがあります。

転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

そのための一歩を踏み出してみましょう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です