WPW症候群

WPW症候群とは

通常、洞結節からの電気刺激は刺激伝導系に沿って伝導することにより心臓は収縮します。

WPW症候群の大部分では、ケント束と呼ばれる側副伝導路が存在してうことにより発生します。

電気刺激は、心室から心房へとは伝わらないという大前提があります。

 

しかし、WPW症候群ではケント束があるために、そのケント束を通って心室から心房へと電気刺激が伝わってしまうのです。

さらに、その電気刺激はリエントリーとなり、本来の洞結節の刺激よりも早く刺激伝導系へと電気刺激が伝わってしまうのです。

ケント束を通り、早く刺激が伝導されているために、心電図波形上ではデルタ(⊿)波を伴うQRS波となることが特徴です。

 

それでは波形です。
%e5%bf%83%e9%9b%bb%e5%9b%b3%e3%80%80%ef%bd%97%ef%bd%90%ef%bd%97%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4
判断のポイントは
①デルタ(⊿)波を伴う
②QRS波が延長している(QRS波の幅が広い)
③PQ間隔が短縮している

モニター心電図のみでWPW症候群を判断することは困難な場合があります。

必要に応じて12誘導心電図をとり、デルタ(⊿)波が分かりやすいところを探しましょう。

 

WPW症候群を見たときの対応

WPW症候群の危険度はです。
自覚症状や頻脈でなければ、基本的には経過観察です。

 

治療

・必要に応じてカテーテルアブレーションによる根治治療が行われる場合があります。

 

 

 

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です