促進性心室固有調律(AIVR)

 

心電図で「slow VT」というアラームを目にすることはありませんか?

そのアラームが鳴ったとしても、あまり対応することは少ないと思いますが、どのような状態なのかを気にしたことはありませんか?

今回は、そんな不整脈についての話です。

 

促進性心室固有調律(AIVR)とは

「siow VT」(スロー VT)と呼ばれている不整脈は、促進性心室固有調律(AIVR)といいます。

AIVRは、心筋梗塞などにより心筋に障害(ダメージ)を負うことにより生じます。

心筋が障害されると、その周囲の心筋が興奮状態となります。
興奮状態となった心筋は、その部位の自動能が亢進するのです。

心室が障害され、心室が興奮し自動能が亢進してしますと、洞結節の自動能のスピードを上回ってしまいます。

そうすると、AIVRが生じます。

ワイドQRSである理由はPVCなどの期外収縮と同様です。

AIVRが生じても、ほとんどの場合は循環動態に悪影響はなく、自然と元々の洞調律へと戻ることがほとんどです。

 

それでは、波形をみていきましょう。
%e5%bf%83%e9%9b%bb%e5%9b%b3%e5%8f%b0%e7%b4%99%e3%80%80%ef%bd%81%ef%bd%89%ef%bd%96%ef%bd%92
判断のポイントは
①幅の広いQRS波(ワイドQRS波)が、一定のリズム(60~100回/分)で出現する。
②P波とQRS波が関係なく出現している。

P波とQRS波がバラバラなのは、心室での自動能が亢進しているため、洞結節からの刺激(P波)とは関係なく心室が収縮しているためです。

波形自体はワイドQRSが連続しており、VTと同様に見えるかもしれません。

しかし、VTはリエントリー性の頻脈となりますが、AIVRはリエントリーの発生はないため頻脈となることはありません。

促進性心室固有調律(AIVR)は、以前「siow VT」と呼ばれることもありました。

しかし、VT自体が頻拍を示す言葉であるため、現在はほとんど「siow VT」とは呼ばれなくなりました。

 

促進性心室固有調律(AIVR)を見たときの対応

促進性心室固有調律(AIVR)の危険度はです。
発生した際には、バイタルサインの観察を行い、循環動態の変化がなければ特に対応の必要はありません。

しかし、一応Drへ報告が必要です。

循環動態に変化があった場合や、自覚症状が出現した場合にはすぐにDrへ報告し、診察してもらいましょう。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
自分には、心電図を覚えられないと思っていませんか?

そんなことはありません!!
要点さえ分かってしまえば、意外と簡単に心電図をよめることが多いんですよ。

あなたの理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!



あなたは今の職場環境に不満はありませんか?

「ワークライフバランスが保てない」「働きたい診療科がない」など・・・。
どんなに頑張っても、変化がないと嘆いているよりも、もっと良い環境で自分を試してみませんか?

転職例①
月給40万円・年間休日120日・残業ほぼなし。

転職例②
月給41万円・賞与104万円・年間休日110日・残業少ない。

転職を考えているけれども、上手くできるか心配・・・。
そんなあなた!安心してください。
あなたの転職を全力でサポートしてくれる仕組みがあります。

転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

そのための一歩を踏み出してみましょう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です