心エコー検査(心臓超音波検査)とはー略語や正常値を知って看護に活かす

心エコーって難しいですよね。
勉強してみたい気持ちはあっても、なかなか気が乗らないなんてことも多々あると思います。

そこで、最低ここを覚えておけば大丈夫という部分をまとめてみました。

心エコーについて学び、日々の看護に活かしていきましょう!!

心エコーではまずここを見ましょう

2016.07.07

 

心エコー検査とは

心エコー検査とは、心臓超音波検査のことを言います。

心エコー検査では、X線や造影剤を用いずにプローブを当てて,高周波の超音波を心臓に発信して,返ってくる反射波を受診し,心臓の様子を画像に映し評価する検査です。
非侵襲的に局所壁運動や弁膜症などの診断が可能で、妊婦や乳幼児でも安全に受けることができる検査です。

心エコーの正常値を把握しておくことで、異常を判断することができるため覚えておきましょう。

 

 

心エコー検査の正常値

大動脈径(AOD)

Aortic dimensionの略でAODです。
正常値:18~25mm
35mmを超えると動脈瘤がある可能性があります。

左室収縮末期径(LVDs)

Left Ventricular Dimension systoleの略でLVDsです。
正常値:25~34mm

左室拡張末期径(LVDd)

Left Ventricular Dimension diastoleの略でLVDdです。
正常値:41~52mm

左室中隔壁厚(IVST)

InterVentricular septum thicknessの略でIVSTです。
正常値:7~10mm

左室後壁壁厚(PWT)

left ventricular Posterior Wall Thicknessの略でPWTです。
正常値:7~10mm
13mmを超えると左室肥大を疑います。

左房径(LAD)

Left Atrial Dimensionの略でLADです。
正常値:28~36mm
40mmを超えると左室負荷のかかるMSやMRなどの疾患がある可能性があります。

左室駆出率(EF)

Ejection Fractionの略でEFです。
正常値:60%以上
50%以下だと心機能が低下していると判断します。

下大静脈径(IVC)

Inferior Vena Cavaの略でIVCです。
正常値:15~25mm
正常では呼吸性変動があり、全身の血管内ボリュームの目安となります。
熱中症などで脱水になるとIVCは虚脱し、心不全となると血管内ボリュームが増え呼吸変動が消失します。

一回心拍出量(SV)

Stroke Volumeの略でSVです。
正常値:70mm程度

虚血性心疾患での壁運動を評価しよう

虚血性心疾患(特に急性心筋梗塞)では、梗塞を起こした冠動脈支配域に合致した壁運動異常があるか、心内膜の動きだけでなく、壁厚の変化、線維化、瘢痕化、菲薄化などを観察します。

壁運動は以下のように評されます。
正常収縮⇒normokinesis
低収縮⇒hypokinesis
無収縮⇒akinesis
奇異性運動⇒dyskinesis

 

まとめ

やっぱり心エコーは難しいですね。

本当は他にも評価できることが多くあるみたいなのですが・・・本当に難しいです。

とりあえず、覚えておいて損はない心エコーについて載せてみました。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です