APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)とは

APTTとは

APTT(activated partial thromboplastin time)とは、活性化部分トロンボプラスチン時間の略で、内因系・共通系凝固異常をみるための検査です。

APTTは、凝固系第XII、XI、Ⅹ、Ⅸ、Ⅷ、Ⅴ、Ⅱ、Ⅰ因子の活性化が低下することにより延長します。

通常は、APTTとともにPTを一緒に確認することで、抗凝固薬使用のモニタリングや手術延長の可否の判断材料となります。
※抗凝固薬のモニタリングの際、APTTは点滴使用、PTは内服薬使用の指標となります。

 

APTTの基準値と異常時の疾患

APTTの基準値は25~40秒です。

APTT高値の場合考えられる疾患

  • 血友病A(第Ⅷ因子欠乏)およびB(第Ⅸ因子欠乏)
  • 先天性凝固因子欠乏症
  • 重症肝障害
  • 播種性血管内凝固症候群(DIC)

など

APTT低値の場合考えられる疾患

APTTは主に延長時に病的意義がありますが、妊娠や加齢による生理的変化により低値となる場合があります。

 

抗凝固薬使用時の指標

APTTは、抗凝固療法のヘパリン投与決定量の指標として用いられます。

ヘパリンコントロール時のAPTT値は、基準値の約1.5~2.5倍延長になるよう調節していきます。

 

 

 

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です