SR(サイナスリズム:洞調律)とNSR(正常洞調律)の違い-心電図を見分ける

 

NSR(ノーマルサイナスリズム)とSR(サイナスリズム)は何が違うの?
と言うような質問を受けたことがあります。

どちらも、SRと呼ばれますがいったい何が違うのでしょうか?
今回は、NSRとSRの違いについて説明してきます。

 

SR(サイナスリズム:洞調律)とは

SRとは洞調律と呼ばれ、刺激伝導系を順番に、規則正しいリズムで電気刺激が伝わっている状態をいいます。

刺激伝導系を見ていきましょう。
%e5%bf%83%e8%87%93%e3%80%80%e5%88%ba%e6%bf%80%e4%bc%9d%e5%b0%8e%e7%b3%bb
洞結節から始まるこの刺激伝導系を順番に、規則正しいリズムで電気刺激が伝わっている状態がSRの条件です。

波形も見ていきましょう。
%e5%bf%83%e9%9b%bb%e5%9b%b3%e3%80%80sr
波形でいいますと

P波があって
それに続くQRS波が出ています。

そして、P-P間隔、R-R間隔は等しくなります。

 

ここで1つ、少しだけ紛らわしい話をします。

SSS1型や洞性頻脈について思い出してみてください。
これらの波形も、P波があって、それに続くQRS波が規則正しいリズムで発生していますよね。

気づいた方もいると思いますが、

心拍数が60回/分以下のSSS1型や100回/分を超えてしまう洞性頻脈も、刺激伝導系を順番に規則正しいリズムで電気刺激が伝わっているためSRとも呼べるのです。

復習したい方はこちらから
SSS1型
洞性頻脈

 

NSRとSRの違いとは

それでは、SRについて知ったところで本題に入りたいと思います。

NRSとSRの違いは心拍数です。

NSRとは正常洞調律と呼ばれます。
教科書に1分間の心拍数の正常値は60~90回/分と言われていますよね。

その範囲にあるSRをNSRと言うのです。

NSRとSRを分けて考える必要はあまりありません。

心拍数には個人差があります。

その人のもともとの心拍数から、現在どうなっているのかを考えていくことが大切です。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
自分には、心電図を覚えられないと思っていませんか?

そんなことはありません!!
要点さえ分かってしまえば、意外と簡単に心電図をよめることが多いんですよ。

あなたの理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!



転職を考えているけれども、上手くできるか心配。でも安心してください。あなたの転職を全力でサポートしてくれる仕組みがあります。

転職例①
月給40万円・年間休日120日・残業ほぼなし。

転職例②
月給41万円・賞与104万円・年間休日110日・残業少ない。

成功を勝ち取るには行動が必要です。

そのための一歩を踏み出してみましょう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です