洞性頻脈

今回は洞性頻脈についてです。

洞性頻脈とは

洞性頻脈とは基本調律がSRであって、心拍数が100回/分を超える場合をいいます。

刺激伝導系をSR同様に伝導しているため、PQRST波は正常波形です。

 

しかし、洞結節からの電気刺激が頻回に出現しているため頻脈となっている状態です。

その要因はいくつもあります。

健常者であっても、運動などの労作時や興奮時、緊張時には交感神経が興奮し頻脈となります。
この反応は正常です。

安静にしていても頻脈がある場合は、何らかの異常があることがほとんどです。

正常ではない反応としては、疼痛、低血糖、脱水、出血、、発熱、心不全、薬剤の影響などさまざまなものがあります。

 

異常な洞性頻脈は、継続することにより動悸などの自覚症状が出現する場合もあります。

また、血液を全身へと上手く拍出することができず、心不全の発症や増悪の原因にもなることがあります。

 

波形をみていきましょう。
%e5%bf%83%e9%9b%bb%e5%9b%b3%e3%80%80%e6%b4%9e%e6%80%a7%e9%a0%bb%e8%84%88
判断のポイントはSRと同様ですね。

唯一異なるところは心拍数が100回/分を超えていることです。

 

洞性頻脈をみたときの対応

洞性頻脈の危険度はです。
労作により発生している頻脈は対応の必要はありません。

異常な頻脈であれば、原因除去が必要となるためDrへの報告が必要です。

精査の上、Drの指示に従い治療を行っていきます。

 

 

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です