酸塩基平衡のまとめー基礎編

今回は血液ガスのデータで分かる酸塩基平衡についてです。
一緒に勉強していきましょう!

酸塩基平衡とは

そもそも酸塩基平衡とは何かというと、簡単に表すと
酸は「酸性」
塩基は「アルカリ性」
平衡は「バランス」

つまり酸塩基平衡とは「酸性とアルカリ性のバランス」のことを言います。

酸塩基平衡で覚えておきたい項目

最初に覚えておきたい項目は3つです。
・pH(水素イオン濃度)正常値7.35〜7.45
・PaCO2(動脈血二酸化炭素分圧)正常値35〜45
・HCO3-(重炭酸イオン)正常値22〜26
※末尾の-は陰イオンであることを示しています

酸塩基平衡ではPaCO2を酸性、HCO3-をアルカリ性としてみます。
このバランスでpHの数値が決まります。
ちなみに中央値は7.4です。

身体が酸性に傾くとPaCO2の割合が増え、HCO3ーの割合が減り、pHが7.4よりも小さくなり、
身体がアルカリ性に傾くとHCO3ーの割合が増え、PaCO2の割合が減り、pHが7.4よりも大きくなります。

アシデミアとアルカレミア

アシドーシスやアルカローシスはよく聞く言葉だと思います。
そこで、もう一歩ステップアップしましょう!!

アシデミアとアルカレミアという言葉を覚えてみましょう!

アシデミアは「酸血症」を意味し、身体が酸性になっている状態を表します。
アルカレミアは「アルカリ血症」を意味し、身体がアルカリ性になっている状態を表します。

よく混合されるアシドーシスやアルカローシスは、酸性やアルカリ性に傾いて原因を表します。

なにが違うのかというと、
アシデミアとアルカレミアはpHの状態で、アシドーシスやアスカローシスはそのpHに向かっている状態を表します。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!







転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です