ペースメーカーのモード

ペースメーカーは刺激伝導系の代わりとなって人工的な電気刺激を出しますが、それぞれの徐脈性不整脈の状態によって必要な電気刺激の種類が異なります。
Ⅲ度房室ブロック(完全房室ブロック)のように、心房と心室がそれぞれ別々に動いているような心筋に、心房にのみ人工的な電気刺激を与え続けても何の意味もありません。

そのために、ペースメーカーの作動にはいくつかの種類があるのです。

 

ペースメーカーの機能表示コードの基本

ペースメーカーの機能表示コードは基本的にアルファベット3文字で表されます。

例として
DDD型
それぞれの部分について説明します。

1文字目
刺激(ペーシング)する心臓の部位
・A:心房
・V:心室
・D:心房と心室

2文字目
感知(センシング)する心臓の部位
・A:心房
・V:心室
・D:心房と心室

3文字目
ペースメーカーの作動モード(自己心拍への応答)
・I:抑制
・T:同期
・D:抑制と同期

刺激伝導系の電気刺激を感知(センシング)し、その感知した状態に合わせて、ペースメーカーから人工的な電気刺激を発信し心筋を刺激(ペーシング)することで適切な心拍を得ることができます。

ペースメーカーの代表的なモード③DDD

2016.05.05

ペースメーカーの代表的なモード②VVI

2016.04.18

ペースメーカーの代表的なモード①AAI

2016.04.17

 

レートレスポンス機能(心拍応答機能)

ペースメーカーにはアルファベット4文字目が表示されているものがあります。

DDDRのような形です。
この4文字目のRこそがレートレスポンス機能です。

通常、ペースメーカーは最低限の心拍をペーシングする機能しかありません。
しかし、運動負荷が加わった状態では、その最低心拍では身体の酸素需要の多さに供給が間に合いません。

身体に必要な酸素を全身に送ることが出来ないのです。

ペースメーカーを植込んでいてもそんな状態では困りますよね。

そんな時に、このレートレスポンス機能が活躍します。

レートレスポンス機能が付いているペースメーカー本体には、身体の揺れや呼吸状態を感知するセンサーが付いており、これにより活動強度の目安を感知します。

その感知した活動の状態に合わせて、ペースメーカーが必要な心拍数となるような人工的な電気刺激が心筋に与えられます。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です