ペースメーカー症候群の原因と症状とは

 

ペースメーカー症候群とは

ペースメーカー症候群とは、主に房室ブロックのような心房収縮のある患者にVVIモードで心室ペーシングをおこなった時に出現する症状の総称です。
ペースメーカー症候群が生じた際の波形についてみてみましょう。

%e5%bf%83%e9%9b%bb%e5%9b%b3%e3%80%80%ef%bd%90%ef%bd%8d%e3%80%80%ef%bd%96%ef%bd%96%ef%bd%89%e3%80%80%ef%bd%90%ef%bd%8d%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4

VVIペーシングでは心房の収縮は完全に無視されます。

そのために、図の波形のように心室ペーシング時に心房収縮が同時に生じる可能性があるのです。

 

何が問題になるかというと
通常ですと、房室弁が開き心房のみが収縮する。

そのため、心房内の血液が心室へと流出します。

収縮時には、心室は心房よりも強い圧が生じます。

ペースメーカー症候群の際には心房と心室が同時に収縮する状況が生じています。
そのために、圧の強い心室から心房へと血液が逆流してしまうのです。

その時に、動悸・めまい・嘔気・倦怠感・息切れなどの症状が出現することがあります。

これを、ペースメーカー症候群といいます。

心房と心室が同時に収縮しているこの状態の時に、心音を聴診すると大砲を放ったような心雑音が聴かれるため、大砲音と呼ばれます。

ペースメーカー症候群が生じている場合には、バイタルサインを測定し、主治医に報告しましょう。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です