ペースメーカーの代表的なモード①AAI

今回からはペースメーカーの代表的なモードを3回に分けて説明していきたいと思います。
ペースメーカーの設定は①AAI、②VVI、③DDDの3つに設定されることがほとんどです。
今回はAAIについて説明していきます。

ペースメーカーの代表的なモード③DDD

2016.05.05

ペースメーカーの代表的なモード②VVI

2016.04.18

 

モードについてのおさらい

ペーシング:A(心房)
センシング:A(心房)
自己心拍への応答:I(抑制)

 

 

特徴

洞結節に異常がある場合に適応となるモードです。

適応疾患はSSS(洞不全症候群)です

洞結節に異常をきたすSSSなどで、心房の収縮が正常に起こらない場合に、その洞結節の代わりとして心房を刺激します。

そのため、設定された心拍数に満たない場合にはペーシングを行い、設定以上の心拍数の場合にはペースメーカーのペーシングは抑制されます。

このモードが適応される絶対条件として房室ブロックがないことがあげられます。

その理由として、房室ブロックがある場合には心房ペーシングの後に心室への電気刺激が伝導されず意味をなさないためである。

しかし、現在このAAIモードがペースメーカーのモードとして設定されることはほとんどありません。

SSSなど刺激伝導系に異常が生じている場合は、将来的に房室ブロックへと移行する可能性が高いため、DDDモードが設定されることがほとんどだからです。

 

波形について

%e5%bf%83%e9%9b%bb%e5%9b%b3%e3%80%80%ef%bd%90%ef%bd%8d%e3%80%80%ef%bd%81%ef%bd%81%ef%bd%89

判断のポイントとして
①ペーシングスパイクのあとに続いてP波が出現する
②P波に続いて自己QRSが出現する

このような場合、Aペーシングと呼ばれます。

これは、A(心房)をペーシングしているということです。
心房ペーシング時には、設定された心拍数となります。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です