PEEP(呼吸終末陽圧)とは

PEEP(呼吸終末陽圧)とは

PEEPとは呼吸終末時に肺胞内を設定した陽圧に保つことで、呼気時に肺胞が虚脱することを防ぐことをいいます。

よくPEEPを説明する際には風船に例えられます。
風船を膨らます時のことを思い出してください。
風船が完全にしぼんでしまった状態から大きく膨らますためには多くのエネルギーを必要とします。

しかし、風船内に空気を残し少しだけ膨らましておくと、この後大きく膨らます時に必要なエネルギーは軽減されます。

それと同じように、肺胞を少しだけ膨らましておくことで虚脱を防ぎ、肺胞を膨らましやすくするのです。

 

 

PEEPの作用

なぜPEEPが必要になると思いますか?

一概には言えませんが、人工呼吸器が必要な病態では肺のコンプライアンス(肺胞の膨らみやすさ)が不良であることが考えられます。

そのような肺胞の虚脱を防ぎ、機能的残気量を増加させることで、PEEPを負荷していない状態では膨らみにくい肺胞も膨らますことができます。

そうすることで、ガス交換能が良くなり酸素化を改善することができるのです。

また、虚脱した肺胞を膨張させたり、虚脱させたりすると肺損傷を起こすリスクが高くなります。

肺損傷を防ぐというメリットもあります。

 

PEEPの副作用

人の呼吸では通常生理的なPEEPがかけられています。生理的PEEPは陰圧です。

しかし、人工呼吸器が負荷するPEEPは陽圧であるために副作用もあります。

・心拍出量の低下
通常では吸気時に胸腔内が陰圧になることにより、大静脈が拡張し静脈還流量を保っています。

しかし、PEEPは陽圧であるために、逆に静脈還流が低下してしまいます。
心臓に戻ってくる血液量が減少してしまうということです。
そのために、心拍出量も低下し、血圧も低下します。

静脈還流が減少することは、前負荷を軽減することになるため心不全の治療の際には有用なものになります。

 

・尿量の減少
PEEPを負荷すると心拍出量が低下し血圧も低下します。
血圧が低下するということは、それだけ腎臓への血流も減少していることになります。
腎臓でろ過する血液量が減少するのですから、尿量も減少することになります。

 

・肺の圧損傷
陽圧をかけるということは、肺胞を過膨張させてしまう可能性があります。
そのことに伴う肺損傷のリスクがあります。

 

・脳圧の亢進
静脈還流が低下するということは、各臓器から心臓へ戻る血液の循環抑制が生じている状態となります。
そのことにより、各組織の内圧の上昇にもつながりますので、脳圧亢進が生じます。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です