呼吸仕事量の軽減

呼吸仕事量の軽減とは

そもそも「呼吸仕事量」とは何なのか?

通常の呼吸では、呼吸筋が収縮して胸郭と肺胞を広げ、肺胞内と口との間に圧差を生じさせて気流を発生させています。

この時、呼吸筋は肺胞・胸郭が収縮しようとする弾性抵抗や気流が発生した時に生じる摩擦抵抗に打ち勝って換気量を得ることができるように仕事をしています。

これが「呼吸仕事量」といわれるものです。

 

何らかの原因で弾性抵抗や摩擦抵抗が増えてしてしまったときを、呼吸仕事量が増大した状態といいます。

呼吸仕事量が増大した状態では、通常よりも大きな抵抗が呼吸筋に負担をかけています。

走るときに全力疾走はいつまでも続きませんよね?呼吸筋も同様です。

いつまでも負担の大きい状態ではその働きが弱くなってしまいます。

 

それに、全力疾走ではいつもより多くの呼吸をしていますよね?身体が酸素を求めているためですね。

同じように、呼吸仕事量が増大することにより、呼吸筋が消費する酸素量も増大します。

 

そのため、呼吸仕事量が増大した状態が持続すると呼吸筋疲労へとつながり、結果として肺胞低換気の状態に陥ってしまうのです。

 

呼吸仕事量が増大する状態としては以下のようなものがあります。
・喘息などのように気管が収縮し気道抵抗が増えた状態
・肺線維症などのように肺の弾性が失われ、肺の広がりやすさ(コンプライアンス)が減少した状態

人工呼吸器を装着すると、人工呼吸が呼吸仕事量を肩代わりすることになります。
それにより、呼吸仕事量を軽減するため、呼吸運動による酸素消費量も減少します。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です