ディスポ手袋を二重に装着してはいけない理由

病院などで、おむつ交換や処置などの際に使用される手袋。
最近の施設では、ほぼディスポーザブル(以下ディスポとします)化されており、使い捨てですよね。

そんな、ディスポ手袋を二重に装着して使用する場面を見ることはないでしょうか?
もしかしたら、ベテランほど二重にして使用していることが多いのではないでしょうか?

今回は、意外と知られていないディスポ手袋についてです。

 

なぜディスポ手袋を二重に装着してはいけないのか

医療や施設の場で手袋を使用する場合には、感染予防を目的としています。
それは、患者も医療者もどちらにも感染を拡大させないようにという意味を含んでいます。

しかし、手袋に守られているからと過信してディスポ手袋を二重に装着し、外側に装着している手袋が汚染したからと外し、内側の手袋をそのまま使用してしまうと感染を拡大させてしまう可能性があります。

なぜかというと
ディスポ手袋には「ピンホール」があるからです。

「ピンホール」とは、ディスポ手袋製造時にできてしまう眼には見えないほどの小さな穴をいいます。
全てのディスポ手袋に「ピンホール」があるわけではありませんが、眼には見えないためどの手袋に「ピンホール」が存在しているかは分からないため、全ての手袋に「ピンホール」があるかもしれないと思っていたほうがいいですね。

そういった手袋を使用していると認識すると、ディスポ手袋を二重に装着するとどうでしょう?
ピンホールからの汚染や病原体が内側のディスポ手袋へと拡大してしまうことが考えられますね。
そんな内側ディスポ手袋でおむつ交換や処置を継続すると、清潔であるはずの部分にも汚染や病原体が拡大してしまいますよね。

また、外側のディスポ手袋を外す際に、内側のディスポ手袋に直接汚染物が付着してしまう可能性もありますね。

このような理由でディスポ手袋を二重に装着してはいけないのですね。

 

どのように使用していけばいいのか

基本的には、おむつ交換などの際にはディスポ手袋は二重にして使用してはいけません。

  1. 清潔な手袋装着
  2. 便や尿の処置、陰部洗浄
  3. 汚染したおむつの廃棄
  4. 手袋を外す
  5. 手指衛生
  6. 清潔な手袋装着
  7. 新しいおむつの装着
  8. 手袋を外す
  9. 手指衛生

このような順番で、手袋は一枚のみ装着し、その都度手指衛生・手袋交換した方がいいでしょう。

 

まとめ

感染が拡大する場面は、医療者が介入している場合が多いです。
そのため、感染拡大を予防するためにも医療者の手技しだいということもいえると思います。

抵抗力の低下しているかもしれない患者さんにとって、感染が生じるということは、時に命に関わる重大なことになってしまう可能性もあります。
自分が感染を拡大させないよう、細かいことかもしれませんが注意していければと思います。

それが、患者のため、自分のためになると思います。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です