失禁に伴う皮膚炎(IAD)予防のための陰部洗浄について

普段の看護業務の中で陰部洗浄を行うことは多々あると思います。

排便が頻回にあるからといって、毎回洗浄していませんか?
皮膚をきれいにしようと思い行っているその行為が、実は患者さんにとって害になっているかもしれませんよ。

薬剤塗布しているのにも関わらず、なかなか皮膚トラブルの治癒が遅いなと思ったら陰部洗浄を頻回に行っていませんか?
今回は、陰部洗浄について改めて考え直すきっかけになっていただければと思います。

 

失禁に伴う皮膚トラブルとは

尿・便失禁にともなう皮膚トラブルをIAD(失禁関連皮膚炎:incontinence associated dermatitis)といいます。
病院や施設内でもおむつを着用し尿・便失禁している患者で皮膚炎となってしまうことがあると思います。
いわゆる「おむつかぶれ」というものですね。

IADは
①尿や下痢便、汗などによる水分暴露
②便による消化酵素(脂質分解酵素やタンパク質分解酵素)
の影響により皮膚浸軟が起こり、皮膚のバリア機能が破綻してしまうことにより、発赤や水泡、びらんなどのIADが発生します。

IADが発生した時にはすでに、細菌などが皮膚の組織内部に侵入しており、予防的ケアが重要といえます。

 

頻回の陰部洗浄により起こること

皮膚は本来、細菌などが皮膚の組織内部に入り込まないようにするバリア機能があります。
バリア機能は皮膚の表面にある弱酸性の皮脂膜によるのもです。
その皮脂膜が外部からの刺激から皮膚を守ってくれるのです。

しかし、尿や便などの排泄物や汗によりおむつ内が蒸れ、皮膚が浸軟した状態ではバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下している皮膚に、頻回の石鹸による洗浄が行われることで以下のようなことが起こります。
①石鹸を用いての洗浄は、皮脂成分も洗い流してしまいます。そのため、皮脂成分の減少につながりドライスキンとなります。
②洗浄する際の摩擦により、皮膚に刺激が加わります。
これらのことにより、頻回の陰部洗浄はIADを改善するどころか悪化させてしまう要因になってしまうのです。

 

IADへの対応

IADの患者に対しては、石鹸による洗浄は1日1回に留めることが必要です。
また、洗浄後のドライスキンを予防するために保湿剤や撥水剤の塗布を行うことが勧められます。あまりにも悪化したIADには亜鉛華軟膏による保護も有効ですよ。
※亜鉛華軟膏は薄くではなく、たっぷりと塗ってあげてくださいね。

下痢便や軟便が頻回にある場合には、軟便専用のパットもあるので使用してみてはどうでしょうか。
場合によっては、直腸用カテーテル使用による皮膚の汚染予防が必要になるかもしれませんね。

 

まとめ

患者のためと思い行っていた陰部洗浄が、実は患者にとっては害になっている場合があることを知っていただけたかと思います。
そして、IADを起こしてしまうと処置が必要になるため、我々看護師の業務も増えてしまいます。

患者・看護師双方のためにもIADの予防に努めていきましょう!!

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です