ローボルテージ(低振幅)の心電図波形の対応

心電図波形でQRS波はあるのだが、「Brady」「Asystole」などのアラームが鳴り響くことはありませんか?
どうしたらアラームが鳴らなくなるのかと悩んだことはありませんか?

今回は、どうしてそのようなアラームが鳴るのか、どう対応していけばいいのかを説明していきます。

ローボルテージ(低振幅)波形とは

「Brady」はHRアラームが設定した下限値を下回った場合に鳴り、
「Asystole」は心静止であるため、心電図上PQRST波が無い場合に鳴ります。

P波、QRS波、T波がしっかりあり、HRも下限値を下回る回数ではないのに、「Brady」や「Asystole」のアラームが鳴り響く。

それではなぜ、アラームが鳴り続けるのでしょうか??


まずはローボルテージ(低振幅)波形を見ていきましょう。

心電図モニターはQRS波の高い波を検出して心拍数を数えます。
しかし、図の波形のようにQRS波が小さいと心電図モニターが心拍数を検出することができないのです。

QRS波が検出できない状態が時折ある場合には「Brady」アラームが鳴り、
QRS波が全て検出できない状態が続いている場合には「Asystole」アラームが鳴ります。

対応

このままの状態ではアラームも頻回に鳴り続け業務に支障をきたします。

ローボルテージ(低振幅)波形の場合には、12誘導心電図を確認し、モニタリングするのに適した波形の確認できる誘導に変更することが必要です。

通常はⅡ誘導で心電図モニターの誘導を行なっていると思いますが、他の誘導でモニタリングすることによりローボルテージ(低振幅)波形が改善されます。

Ⅱ誘導以外の誘導方法について

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!







転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です