モニター心電図の誘導方法

モニター心電図での誘導方法について

心電図といえばモニター心電図と12誘導心電図を思い浮かべると思います。

12誘導は心臓の動きを多角的に見ることができ、確定診断に用いることもできるものです。

電極を胸と四肢にあわせて10個使用しており、長期的なモニタリングには適していません。

 

そこで、確定診断まではできませんが長期的なモニタリングを行いたい場合に活躍するのが本日説明するモニター誘導になります。

 

電極を胸に3個つけるだけなので日常生活をそれほど阻害することもありません。

 

日本で最も一般的に使用される誘導はⅡ誘導と呼ばれます。

Ⅱ誘導は、標準体型での心臓の傾きの方向とほぼ平行になります。そのため、通常では、Ⅱ誘導が各波を一番判断しやすい波形となります。
2%e8%aa%98%e5%b0%8e
図はⅡ誘導の電極の位置を示しています。

これが標準的な電極の貼り方となります。

 

病棟勤務では、モニター心電図で通常は観察し、異常があれば12誘導心電図をとるという流れが一般的ですね。

しかし、Ⅱ誘導では12誘導の中のⅡ誘導しか見ることができません。

患者さんによっては、Ⅱ誘導では心電図上での各波の大きさが小さく分かりにくいことやP波とQRS波の両方を心室の収縮と読み取ってしまいアラームが頻回に鳴ってしまうことがあります。

無駄なアラームは、患者さんのところへ行くことや業務の妨げになりかねません。
その際には、誘導変更が必要となります。

詳しい誘導方法の種類やその特徴についてはまた別の機会に投稿させて頂きます。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です