心拍数の数え方

心拍数の数え方

モニター心電図上での心拍数を数えるためにはマス目の意味を知らなくてはなりません。

心電図のマス目の縦軸は電圧(心臓の収縮の強さ・大きさといったイメージ)、横軸は時間です。

心電図を読む上で特に大切なのは横軸の時間です。

縦軸の電圧は(QRS波の場合)、心臓の向きによって変化します。そのため、体格や体位によって変化するものですので電圧の大きさはそれほど気にする必要はありません。

詳しくは、日を改めてまた説明していきたいと思います。

 

下図をご参照ください。

%e5%bf%83%e9%9b%bb%e5%9b%b3%e3%80%80%e3%83%9e%e3%82%b9%e7%9b%ae%e8%aa%ad%e3%81%bf%e6%96%b9 心電図には小さいマス目と大きいマス目があります。

図の通り、小さいマス目は0.04秒。大きいマス目は0.2秒となります。大きなマス目5個で1秒です。

この波形では、QRS波の後大きいマス5個あけてからまたQRS波が出現しています。0.2秒が5個分なので1秒ですね。1秒に1回心臓が収縮していることになるため心拍数は60回/分となります。

 

QRS波と次のQRS波の間隔をR-R間隔といいます。

図での灰色の線は、そのタイミングで次のQRS波が出た場合の心拍数となっています。

最初のQRS波後、大きな1マス経ってからQRS波が出た場合の心拍数は300回/分。2マス立ってから出た場合は150回/分となります。

R-R間隔が一定で不整がない場合には次の方法で心拍数を計算することができます。
300÷大きなマス目の数=1分間の心拍数

例として、4マス目で計算します。
300÷4=75
つまり1分間の心拍数が75回だということになりますね。

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です