ハッカ油の心電図波形問題集

答え

どうだったでしょうか?

それでは、答えあわせをしていきましょう!!

 

第1問

この波形には

①P波がある
②P波に続き通常幅のQRS波がある。(PQ間隔は正常の範囲内で)
③R-R間隔が一定

という特徴が見られますね。

この波形は洞調律(SR)ですね。

 

心臓の動きとしては、刺激伝導系のトップである洞結節から最初の電気刺激が出ています。その後、洞結節→房室結節→ヒス束→右脚・左脚→プルキンエ線維の順番で電気刺激が流れることにより、心臓が正常に収縮していますね。

第2問

この波形には

①P波が見られない
②R-R間隔が不整
③基線が揺れているように見える(心房細動波、f波)

という特徴が見られますね。

この波形は心房細動(AF)ですね。

 

心臓の動きとしては、心房内で350~500回/分という数の電気刺激が多発している状態です。数多くの電気刺激が心房内で起きているわけですので、心房は痙攣してるようなかたちになり有効な収縮・拡張はできていません。

その電気刺激を房室結節が間引きして心室へと伝導しています。しかし、あまりの数の多さに正確に、同じ間隔で伝導することは難しいためR-R間隔は不整となり、頻脈となってしまいます。

第3問

この波形には

①P波がある
②P波に続き通常幅のQRS波がある。(PQ間隔は正常の範囲内で)
③R-R間隔が一定

という特徴が見られますね。

この波形は洞調律(SR)ですね。

 

第4問

この波形には

①P波がある
②P波に続き通常幅のQRS波がある。(PQ間隔は正常の範囲内で)
③R-R間隔が一定

という特徴が見られますね。

この波形は洞調律(SR)ですね。

 

しかし、これまでの洞調律(SR)とはQRS波の形が異なりますよね。これはNASA誘導のため、12誘導心電図のV2波形に近いためと思われます。

第5問

この波形には

①P波があり、それぞれの波の形は正常
②PQ間隔が0.2秒以上となっている
③PQ間隔は毎回一定

という特徴があります。

この波形は1度房室ブロックですね。

 

房室ブロックは心房と心室の刺激伝導に何らかの異常が生じている状態をいいます。一応、刺激伝導系を通っているため一見すると洞調律(SR)にも見えてしまいますね。

心臓の動きとしては、洞結節で出た電気刺激が房室結節で一時的に停滞し、心室へと伝導するまでの時間が長くなってしまっているような状態ですね。そのためにPQ間隔が延長してしまいます。

 

第6問

 

この波形には

①波形はフラット(ほぼまっすぐな)状態
②電気刺激も発生しない

という特徴があります。

この波形は心静止(asystole)ですね。

 

心臓の動きとしては、心臓の活動が完全に停止している状態です。つまり、心臓は全く動いていません。そのために、心電図ではまっすぐな線になります。

 

まとめ

何問正解できましたか?

今回は、基礎的な問題でしたね。しかし、この問題がほとんどできていれば病棟のモニター心電図も大体分かっていることになると思いますよ。

今後も、機会があれば心電図の問題を出していきたいと思います。

共に頑張っていきましょう!!

スポンサーリンク


もっと心電図に詳しくなりたくないですか?

心電図について詳しくなりたいあなた!!
次のステップに進むため理解度に合わせて、勉強をすすめていきませんか?

心電図に詳しいことで、あなたの知識が向上し不整脈の時にも適切な対応ができます!
これまでの、アラームに怯えるあなたにサヨナラしましょう!!

覚えておきたい病棟での約9割の心電図を判断する方法!!

心電図って苦手意識を持っている人多いですよね。
心電図波形を勉強し始めたけれども、難しくて困っているというあなた。
そんなあなたのために、これさえ抑えれば、病棟でのモニター心電図装着患者の約9割の心電図波形を読めるようになる方法を紹介します。



転職を考えているあなたのための転職サイト8選


本気で転職をお考えのあなた。
しかし、転職の経験もなくどうすればいいのか?上手くできるのかと心配になってしまいますよね。
そんなあなたには転職サイトの利用をオススメします。

特にオススメのサイトはこの3つです!!








転職で成功を勝ち取るには行動が必要です。

どの転職サイトを使うべきなのか、正しい判断ができ転職の成功率を高めるために転職サイトの実際について話を進めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です